2012年07月07日

信心決定とは?

一帖目第一五通 
問うていはく、当流をみな世間に流布して、一向宗となづけ候ふは、
いかやうなる子細にて候ふやらん、不審におぼえ候ふ。
 答へていはく、あながちにわが流を一向宗となのることは、
別して祖師(親鸞)も定められず、
おほよそ阿弥陀仏を一向にたのむによりて、みな人の申しなすゆゑなり。
しかりといへども、経文(大経・下)に「一向専念無量寿仏」と説きたまふゆゑに、
一向に無量寿仏を念ぜよといへるこころなるときは、一向宗と申したるも子細なし。
さりながら開山(親鸞)はこの宗をば浄土真宗とこそ定めたまへり。
されば一向宗といふ名言は、さらに本宗より申さぬなりとしるべし。
されば自余の浄土宗はもろもろの雑行をゆるす、わが聖人(親鸞)は雑行をえらびたまふ。
このゆゑに真実報土の往生をとぐるなり。
このいはれあるがゆゑに、別して真の字を入れたまふなり。
 またのたまはく、当宗をすでに浄土真宗となづけられ候ふことは分明にきこえぬ。
しかるにこの宗体にて、在家の罪ふかき悪逆の機なりといふとも、
弥陀の願力にすがりてたやすく極楽に往生すべきやう、くはしく承りはんべらんとおもふなり。
 答へていはく、当流のおもむきは、信心決定しぬればかならず真実報土の往生をとぐべきなり。
さればその信心といふはいかやうなることぞといへば、
なにのわづらひもなく、弥陀如来を一心にたのみたてまつりて、
その余の仏・菩薩等にもこころをかけずして、
一向にふたごころなく弥陀を信ずるばかりなり。
これをもつて信心決定とは申すものなり。
信心といへる二字をば、まことのこころとよめるなり。
まことのこころといふは、行者のわろき自力のこころにてはたすからず、
如来の他力のよきこころにてたすかるがゆゑに、まことのこころとは申すなり。
また名号をもつてなにのこころえもなくして、ただとなへてはたすからざるなり。
されば『経』(大経・下)には、「聞其名号信心歓喜」と説けり。
「その名号を聞く」といへるは、
南無阿弥陀仏の六字の名号を無名無実にきくにあらず、
善知識にあひてそのをしへをうけて、この南無阿弥陀仏の名号を南無とたのめば、
かならず阿弥陀仏のたすけたまふといふ道理なり。
これを『経』に「信心歓喜」と説かれたり。
これによりて、南無阿弥陀仏の体は、われらをたすけたまへるすがたぞとこころうべきなり。
かやうにこころえてのちは、行住坐臥に口にとなふる称名をば、
ただ弥陀如来のたすけまします御恩を報じたてまつる念仏ぞとこころうべし。
これをもつて信心決定して極楽に往生する他力の念仏の行者とは申すべきものなり。
あなかしこ、あなかしこ。
 [文明第五、九月下旬第二日巳剋に至りて加州山中湯治の内にこれを書き集めをはりぬ。]
1-15.jpg

*****
念仏称えただけでは、往生はできないと書かれている。
如来の他力によって助かるとある。
今までによると、
往生するには、まづ信心決定をしなければならないのである・
どこで?それはまだこの一帖目第一五通までには、書いてない。
ここで分かるのは「善知識」という言葉がが初めてでてきた。
[南無阿弥陀仏の六字の名号を無名無実にきくにあらず、
善知識にあひてそのをしへをうけて、
この南無阿弥陀仏の名号を南無とたのめば、
かならず阿弥陀仏のたすけたまふといふ道理なり。]
故に、往生するには「善知識」に遇わなければならない。
善知識の存在が重要である。
これも後の御文章に書き表されている。
楽しみ、楽しみ。
 合掌 なむあみだぶつ、南無阿弥陀佛



posted by 野球じーじぃ at 16:47| 福井 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

「唯除五逆誹謗正法」

一帖目第一四通
そもそも、当流念仏者のなかにおいて、諸法を誹謗すべからず。
まづ越中・加賀ならば、立山・白山そのほか諸山寺なり。
越前ならば、平泉寺・豊原寺等なり。
されば『経』(大経)にも、
すでに「唯除五逆誹謗正法」とこそこれをいましめられたり。
これによりて、念仏者はことに諸宗を謗ずべからざるものなり。
また聖道諸宗の学者達も、あながちに念仏者をば謗ずべからずとみえたり。
そのいはれは、経・釈ともにその文これおほしといへども、
まづ八宗の祖師龍樹菩薩の『智論』(大智度論)にふかくこれをいましめられたり。
その文にいはく、「自法愛染故毀呰他人法 雖持戒行人不免地獄苦」といへり。
かくのごとくの論判分明なるときは、いづれも仏説なり、
あやまりて謗ずることなかれ。
それみな一宗一宗のことなれば、
わがたのまぬばかりにてこそあるべけれ。
ことさら当流のなかにおいて、なにの分別もなきもの、
他宗をそしること勿体なき次第なり。
あひかまへてあひかまへて、一所の坊主分たるひとは、
この成敗をかたくいたすべきものなり。
あなかしこ、あなかしこ。
  [文明五年九月下旬]
1-14.jpg


posted by 野球じーじぃ at 15:27| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする