2012年05月25日

出家発心

一帖目二通
 当流、親鸞聖人の一義は、あながちに出家発心のかたちを本とせず、
捨家棄欲のすがたを標せず、ただ一念帰命の他力の信心を決定せしむるときは、
さらに男女老少をえらばざるものなり。
さればこの信をえたる位を、『経』には「即得往生住不退転」と説き、
『釈』には「一念発起入正定之聚」ともいへり。
これすなはち不来迎の談、平生業成の義なり。 
『和讃』にいはく、
「弥陀の報土をねがふひと 外儀のすがたはことなりと 
本願名号信受して 寤寐にわするることなかれ」といへり。
「外儀のすがた」といふは、在家・出家、男子・女人をえらばざるこころなり。
つぎに「本願名号信受して寤寐にわするることなかれ」といふは、
かたちはいかやうなりといふとも、
また罪は十悪・五逆、謗法・闡提の輩なれども、回心懺悔して、
ふかく、かかるあさましき機をすくひまします弥陀如来の本願なりと信知して、
ふたごころなく如来をたのむこころの、
ねてもさめても憶念の心つねにしてわすれざるを、
本願たのむ決定心をえたる信心の行人とはいふなり。
さてこのうへには、たとひ行住坐臥に称名すとも、
弥陀如来の御恩を報じまうす念仏なりとおもふべきなり。
これを真実信心をえたる決定往生の行者とは申すなり。
あなかしこ、あなかしこ。
あつき日にながるるあせはなみだかな かきおくふでのあとぞをかしき
  [文明三年七月十八日]

*一念帰命の他力の信心を決定すると得られる位は
        ↓
『経』には「即得往生住不退転
『釈』には「一念発起入正定之聚
これすなはち不来迎の談、平生業成の義なり。
この3項目の意味は次の4通目に、詳しく答えている。
いずれにしても、往生するためには、
ここにでてくる「一念帰命の他力の信心を決定」「本願名号信受」
することが前提である。
決定をけつじょうと読む。
どのように決定をするのかは、
これも後の御文章にかかれているが、果たして文章から
理解できるかどうか?
今の現代人の無宗教の感覚、宗教に対するとらえ方では・・・。
いつの時代からか、宗教の本質がゆがめられているのが現状かな。
当時の蓮如上人も嘆いておられる。
     なむあみだぶつ なむあみだぶつ・・・・・・。

20120525085408381_0001.jpg







posted by 野球じーじぃ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/271531658
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック