2012年05月28日

まず当流の安心・・・。

一帖目三通
 まづ当流の安心のおもむきは、あながちにわがこころのわろきをも、
また妄念妄執のこころのおこるをも、とどめよといふにもあらず。
ただあきなひをもし、奉公をもせよ、猟・すなどりをもせよ、
かかるあさましき罪業にのみ、朝夕まどひぬるわれらごときのいたづらものを、
たすけんと誓ひまします弥陀如来の本願にてましますぞとふかく信じて、
一心にふたごころなく、弥陀一仏の悲願にすがりて、
たすけましませとおもふこころの一念の信まことなれば、
かならず如来の御たすけにあづかるものなり。
このうへには、なにとこころえて念仏申すべきぞなれば、
往生はいまの信力によりて御たすけありつるかたじけなき御恩報謝のために、
わがいのちあらんかぎりは、報謝のためとおもひて念仏申すべきなり。
これを当流の安心決定したる信心の行者とは申すべきなり。
あなかしこ、あなかしこ。
  [文明三年十二月十八日]

*諸悪莫作(しょあくまくさ )・・・諸々の悪を作す莫れ
 衆善奉行(しゅうぜんぶぎょう) ・・・ もろもろの善を行い
 自浄其意(じじょうごい)・・・自らの心をきよくせよ
 是諸仏教(ぜしょぶっきょう)・・・是れ諸仏の教えなり
  日々の暮らしにおいてどれだけの悪事を行っているか?
 どれだけの良い事をしているだろうか?
 ふと考えてみると、悪い事はけっこうしているが、
 良い事は、あまりしていないのに気がつく。反省!
 十悪のしたいほうだいである。
 こんな下賎な自分でも救ってくれるというのが、
 弥陀如来の本願だという。
 その前に、自分の姿を一度、深くかんがえなければ・・。
 来世があると思い、来世の自分を考えると、
 また同じ事を繰り返すのか?
 地獄、餓鬼、畜生、修羅の世界にて
 また生きるのか。
 今、六道を離れて安心の世界に身を置くか。
 己の心の中にあるという。
  なむあみだぶつ なむあみだぶつ
1-3.jpg

 
posted by 野球じーじぃ at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック