2012年06月04日

極楽の往生をとげん

一帖目第八通
 文明第三、初夏上旬のころより、
江州志賀郡大津三井寺南別所辺より、
なにとなく、不図しのびいでて、
越前・加賀、諸所を経回せしめおわりぬ。
よって、当国細呂宜郷内吉崎というこの在所、
すぐれておもしろきあいだ、
年来虎狼のすみなれしこの山中をひきたいらげて、
七月二十七日より、かたのごとく一宇を建立して、
昨日今日とすぎゆくほどに、はや三年の春秋はおくりけり。
さるほどに、道俗男女群集せしむといえども、
さらになにへんともなき体なるあいだ、
当年より諸人の出入をとどむるこころは、
この在所に居住せしむる根元はなにごとぞなれば、
そもそも人界の生をうけて、
あいがたき仏法にすでにあえる身が、
いたずらにむなしく捺落にしずまんは、
まことにもってあさましきことにはあらずや。
しかるあいだ、念仏の信心を決定して
極楽の往生をとげんとおもわざらんひとびとは、
なにしにこの在所へ来集せんこと、
かなうべからざるよしの成敗をくわえおわりぬ。
これひとえに、名聞利養を本とせず、
ただ後生菩提をこととするがゆえなり。
しかれば、見聞の諸人、偏執をなすことなかれ。
あなかしこ、あなかしこ。
    文明五年九月 日
****うむ・・・。
この御文も読み取りにくいなぁーー。
吉崎への参詣を禁止した蓮如上人である。
なぜ参詣を禁止したのか?
そこに、この御文の意味があるみたいだな・・・。
やっぱり、物見遊山、野次馬根性、
観光気分で、参詣しても
佛様は、こっちを見てくれないぞ!と言ってるのかな。
しっかりと信心を確立せよと・・・・。
    
南無阿弥陀佛  なむあみだぶつ

1-8.jpg



posted by 野球じーじぃ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/273444625
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック