2012年06月07日

如来法中 無有選択 吉日良辰

一帖目第九通
 そもそも、当宗を、昔よりひとこぞりておかしく
きたなき宗ともうすなり。これまことに道理のさすところなり。
そのゆえは、当流人数のなかにおいて、
あるいは他門他宗に対してはばかりなく、
わが家の義をもうしあらわせるいわれなり。
これおおきなるあやまりなり。
それ、当流のおきてをまもるというは、
わが流につたうるところの義をしかと内心にたくわえて、
外相にそのいろをあらわさぬを、
よくものにこころえたるひととはいうなり。
しかるに、当世は、わが宗のことを、他門他宗にむかいて、
その斟酌もなく聊爾に沙汰するによりて、
当流をひとのあさまにおもうなり。
かようにこころえのわろきひとのあるによりて、
当流をきたなくいまわしき宗とひとおもえり。
さらにもってこれは他人わろきにはあらず。
自流のひとわろきによるなりとこころうべし。
 つぎに、物忌ということは、
わが流には仏法についてものいまわぬといえることなり。
他宗にも公方にも対しては、などか物をいまざらんや。
他宗他門にむかいては、もとよりいむべきこと勿論なり。
また、よそのひとの物いむといいてそしることあるべからず。
しかりといえども、仏法を修行せんひとは、念仏者にかぎらず、
物さのみいむべからずと、あきらかに諸経の文にもあまたみえたり。
まず、『涅槃経』にのたまわく、
「如来法中 無有選択 吉日良辰」といえり。
この文のこころは、
如来の法のなかに吉日良辰をえらぶことなしとなり。
また『般舟経』にのたまわく、
「優婆夷、聞是三昧欲学者、乃至 自帰命仏帰命法帰命比丘僧 
不得事余道、不得拝於天、不得祠鬼神、不得視吉良日、已上」といえり。
この文のこころは、
優婆夷この三昧をききてまなばんと欲せんものは、
みずから仏に帰命し、法に帰命せよ、比丘僧に帰命せよ、
余道につかうることをえざれ、
天を拝することをえざれ、鬼神をまつることをえざれ、
吉良日をみることをえざれといえり。
かくのごとくの経文どもこれありといえども、
この分をいだすなり。
ことに念仏行者はかれらにつかうべからざるようにみえたり。
よくよくこころうべし。
 あなかしこ、あなかしこ。
   文明五年九月 日

1-9.jpg

***涅槃経』にのたまわく、
如来法中 無有選択 吉日良辰」といえり。
この文のこころは、
如来の法のなかに吉日良辰をえらぶことなしとなり。
吉日良辰、吉日は、日柄の善い事。
良辰は、星または時の良い事をいうらしい。
でも、一般世間では、日柄には結構こだわっているなぁーー。
特に六曜はけっこう見て考えるなぁー。
慶事事には、この日は大安だから、この日にしよって!あはは
習慣、しきたりはあまり深く考えないような。
昔からいわれているからするだけって・・・。
仏教においては、日時、方角は、あまり関係ないらしい。
でも、そう言われても・・・。うーーん

posted by 野球じーじぃ at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック