2012年06月07日

如来法中 無有選択 吉日良辰

一帖目第九通
 そもそも、当宗を、昔よりひとこぞりておかしく
きたなき宗ともうすなり。これまことに道理のさすところなり。
そのゆえは、当流人数のなかにおいて、
あるいは他門他宗に対してはばかりなく、
わが家の義をもうしあらわせるいわれなり。
これおおきなるあやまりなり。
それ、当流のおきてをまもるというは、
わが流につたうるところの義をしかと内心にたくわえて、
外相にそのいろをあらわさぬを、
よくものにこころえたるひととはいうなり。
しかるに、当世は、わが宗のことを、他門他宗にむかいて、
その斟酌もなく聊爾に沙汰するによりて、
当流をひとのあさまにおもうなり。
かようにこころえのわろきひとのあるによりて、
当流をきたなくいまわしき宗とひとおもえり。
さらにもってこれは他人わろきにはあらず。
自流のひとわろきによるなりとこころうべし。
 つぎに、物忌ということは、
わが流には仏法についてものいまわぬといえることなり。
他宗にも公方にも対しては、などか物をいまざらんや。
他宗他門にむかいては、もとよりいむべきこと勿論なり。
また、よそのひとの物いむといいてそしることあるべからず。
しかりといえども、仏法を修行せんひとは、念仏者にかぎらず、
物さのみいむべからずと、あきらかに諸経の文にもあまたみえたり。
まず、『涅槃経』にのたまわく、
「如来法中 無有選択 吉日良辰」といえり。
この文のこころは、
如来の法のなかに吉日良辰をえらぶことなしとなり。
また『般舟経』にのたまわく、
「優婆夷、聞是三昧欲学者、乃至 自帰命仏帰命法帰命比丘僧 
不得事余道、不得拝於天、不得祠鬼神、不得視吉良日、已上」といえり。
この文のこころは、
優婆夷この三昧をききてまなばんと欲せんものは、
みずから仏に帰命し、法に帰命せよ、比丘僧に帰命せよ、
余道につかうることをえざれ、
天を拝することをえざれ、鬼神をまつることをえざれ、
吉良日をみることをえざれといえり。
かくのごとくの経文どもこれありといえども、
この分をいだすなり。
ことに念仏行者はかれらにつかうべからざるようにみえたり。
よくよくこころうべし。
 あなかしこ、あなかしこ。
   文明五年九月 日

1-9.jpg

***涅槃経』にのたまわく、
如来法中 無有選択 吉日良辰」といえり。
この文のこころは、
如来の法のなかに吉日良辰をえらぶことなしとなり。
吉日良辰、吉日は、日柄の善い事。
良辰は、星または時の良い事をいうらしい。
でも、一般世間では、日柄には結構こだわっているなぁーー。
特に六曜はけっこう見て考えるなぁー。
慶事事には、この日は大安だから、この日にしよって!あはは
習慣、しきたりはあまり深く考えないような。
昔からいわれているからするだけって・・・。
仏教においては、日時、方角は、あまり関係ないらしい。
でも、そう言われても・・・。うーーん

posted by 野球じーじぃ at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

極楽の往生をとげん

一帖目第八通
 文明第三、初夏上旬のころより、
江州志賀郡大津三井寺南別所辺より、
なにとなく、不図しのびいでて、
越前・加賀、諸所を経回せしめおわりぬ。
よって、当国細呂宜郷内吉崎というこの在所、
すぐれておもしろきあいだ、
年来虎狼のすみなれしこの山中をひきたいらげて、
七月二十七日より、かたのごとく一宇を建立して、
昨日今日とすぎゆくほどに、はや三年の春秋はおくりけり。
さるほどに、道俗男女群集せしむといえども、
さらになにへんともなき体なるあいだ、
当年より諸人の出入をとどむるこころは、
この在所に居住せしむる根元はなにごとぞなれば、
そもそも人界の生をうけて、
あいがたき仏法にすでにあえる身が、
いたずらにむなしく捺落にしずまんは、
まことにもってあさましきことにはあらずや。
しかるあいだ、念仏の信心を決定して
極楽の往生をとげんとおもわざらんひとびとは、
なにしにこの在所へ来集せんこと、
かなうべからざるよしの成敗をくわえおわりぬ。
これひとえに、名聞利養を本とせず、
ただ後生菩提をこととするがゆえなり。
しかれば、見聞の諸人、偏執をなすことなかれ。
あなかしこ、あなかしこ。
    文明五年九月 日
****うむ・・・。
この御文も読み取りにくいなぁーー。
吉崎への参詣を禁止した蓮如上人である。
なぜ参詣を禁止したのか?
そこに、この御文の意味があるみたいだな・・・。
やっぱり、物見遊山、野次馬根性、
観光気分で、参詣しても
佛様は、こっちを見てくれないぞ!と言ってるのかな。
しっかりと信心を確立せよと・・・・。
    
南無阿弥陀佛  なむあみだぶつ

1-8.jpg



posted by 野球じーじぃ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

殊勝の法

一帖目第七通
 おとこなんどあい具したるひとびと、
この山のことを沙汰しもうしけるは、
そもそもこのごろ吉崎の山上に、一宇の坊舎をたてられて、
言語道断おもしろき在所かなともうし候う。
なかにもことに加賀・越中・能登・越後・信濃・
出羽・奥州七か国より、かの門下中、この当山へ、
道俗男女参詣をいたし、群集せしむるよし、そのきこえかくれなし。
これ末代の不思議なり。ただごとともおぼえはんべらず。
さりながら、かの門徒の面々には、
さても念仏法門をばなにとすすめられ候うやらん、
とりわけ信心ということをむねとおしへられ候うよし、
ひとびともうし候うなるは、いかようなることにて候うやらん。
くわしくききまいらせて、われらもこの罪業深重の
あさましき女人の身をもちてそうらえば、
その信心とやらんをききわけまいらせて、往生をねがいたく候うよしを、
かの山中のひとにたずねもうして候えば、
しめしたまえるおもむきは、
「なにのようもなく、ただわが身は十悪・五逆・五障・三従の
あさましきものぞとおもいて、ふかく、阿弥陀如来は、
かかる機をたすけまします御すがたなりとこころえまいらせて、
二心なく弥陀をたのみたてまつりて、
たすけたまえとおもうこころの一念おこるとき、
かたじけなくも、如来は八万四千の光明をはなちて、
その身を摂取したまうなり。
これを弥陀如来の念仏の行者を摂取したまうといえるはこのことなり。
摂取不捨というは、おさめとりてすてたまわずというこころなり。
このこころを、信心をえたるひととはもうすなり。
さてこのうえには、ねてもさめてもたってもいても、
南無阿弥陀仏ともうす念仏は、弥陀に、
はやたすけられまいらせつるかたじけなさの、
弥陀の御恩を、南無阿弥陀仏ととなえて報じもうす念仏なり
とこころうべきなり」とねんごろにかたりたまいしかば、
この女人たち、そのほかのひと、もうされけるは
「まことにわれらが根機にかないたる弥陀如来の本願にて
ましまし候うをも、いままで信じまいらせそうらわぬことのあさましさ、
もうすばかりもそうらわず。
いまよりのちは、一向に弥陀をたのみまいらせて、
ふたごころなく一念に、わが往生は如来のかたより
御たすけありけりと信じたてまつりて、
そののちの念仏は仏恩報謝の称名なりとこころえ候うべきなり。
かかる不思議の宿縁にあいまいらせて、
殊勝の法をききまいらせ候うことの、
ありがたさ、とうとさ、なかなかもうすばかりもなくおぼえはんべるなり。
いまははや、いとまもうすなり」とて、なみだをうかめて、
みなみなかえりにけり。
あなかしこ、あなかしこ。
   文明五年八月十二日

***しかし、昔の人は本当に信心深いものだ。
当時は、当然、車などないから、吉崎に参詣するのには
徒歩である。当然だよな!
吉崎へ加賀・越中・能登・越後・信濃・出羽・奥州から
群集とあるから、かなり大勢の参詣したようだ。
それほど、魅力的というより、求める人が多かったのかな?
年取ってからでは、なかなか無理でもある。
殊勝の法を聴くために、
そして、信心を聞き分けて往生を願うとある。
そのために遠くから吉崎へと向ったようだ。
答えを貰って帰ってきたのかな?
  
  南無阿弥陀佛 なむあみだぶつ

1-7.jpg
posted by 野球じーじぃ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

明日も知らぬ命

一帖目第六通
 そもそも当年の夏このごろは、なにとやらん、
ことのほか睡眠におかされてねぶたく候うは、
いかんと、案じ候えば、
不審もなく往生の死期もちかづくかとおぼえ候う。
まことにもってあじきなく、名残おしくこそ候え。
さりながら、今日までも、往生の期もいまやきたらんと、
油断なくそのかまえは候う。
それにつけても、この在所において、
已後までも信心決定するひとの退転なきようにもそうらえかしと、
念願のみ昼夜不断におもうばかりなり。
この分にては、往生つかまつり候うとも、
いまは子細なく候うべきに、それにつけても面々の心中も、
ことのほか油断どもにてこそはそうらえ。
命のあらんかぎりは、われらはいまのごとくにてあるべく候う。
よろずにつけて、みなみなの心中こそ不足に存じそうらえ。
明日もしらぬいのちにてこそ候うに、
なにごとをもうすもいのちおわりそうらわば、
いたずらごとにてあるべく候う。
いのちのうちに、不審もとくとくはれられそうらわでは、
さだめて後悔のみにてそうらわんずるぞ。
御こころえあるべく候う。
        あなかしこ、あなかしこ。
  この障子のそなたの人々のかたへまいらせ候う。
  のちの年にとりいだして御覧候え。
   文明五年卯月二十五日書之

***何回読んでもこの御文は理解しがたい
言わんとした事はうっすらと分かるのであるが・・・。
うーーーん?なんのこっちゃ・・。あはは
ということで、他の解説書を参考にした。
それには、生きている間に信心を堅固にするように!
生きている時に、油断していては、後になって
後悔するぞと・・・。
という事は、後悔先に立たずの諺があるように
今、生きてるうちに、御文で言う『信心決定』せよ
ということか!
うん!わかったぞ!
       南無阿弥陀佛 なむあみだぶつ

1-6.jpg


posted by 野球じーじぃ at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

『一大事』

一帖目第五通
 そもそも、当年より、ことのほか、加州・能登・越中、
両三箇国のあひだより道俗・男女、群集をなして、
この吉崎の山中に参詣せらるる面々の心中のとほり、
いかがと心もとなく候ふ。
そのゆゑは、まづ当流のおもむきは、
このたび極楽に往生すべきことわりは、他力の信心をえたるがゆゑなり。
 しかれども、この一流のうちにおいて、
しかしかとその信心のすがたをもえたる人これなし。
かくのごとくのやからは、いかでか報土の往生をばたやすくとぐべきや。
一大事といふはこれなり。
幸ひに五里・十里の遠路をしのぎ、この雪のうちに参詣のこころざしは、
いかやうにこころえられたる心中ぞや。千万心もとなき次第なり。
所詮以前はいかやうの心中にてありといふとも、
これよりのちは心中にこころえおかるべき次第をくはしく申すべし。
よくよく耳をそばだてて聴聞あるべし。
 そのゆゑは、他力の信心といふことをしかと心中にたくはへられ候ひて、
そのうへには、仏恩報謝のためには行住坐臥に念仏を申さるべきばかりなり。
このこころえにてあるならば、このたびの往生は一定なり。
このうれしさのあまりには、師匠坊主の在所へもあゆみをはこび、
こころざしをもいたすべきものなり。
これすなはち当流の義をよくこころえたる信心の人とは申すべきものなり。
         あなかしこ、あなかしこ。
  [文明五年二月八日]

**この御文章の写経ならぬPC打ちも、案外大変だ。
これで5日連続で、がんばっているが・・・・。
八十通の五帖御文であるから、一日一通書いても、
八十日かかる予定だ。サボるのを入れると、うーーん・・・・?

当時も、信心を得る人が希であると嘆かれている。
まして、現代においてはいかがなものか?
一度坊主に聞かなくては。
「信心決定」していますか?と・・。

「しかしかとその信心のすがたをもえたる人これなし。
かくのごとくのやからは、いかでか報土の往生をばたやすくとぐべきや。
一大事といふはこれなり。」
往生できるかどうか!これが一大事であると。
物見遊参で、参詣しておっては何にもならん。
あちこちの有名なお寺は、今は拝観料を払わないと入れない。
見て廻って終わり。坊主は一大事を説いていないなぁーーー。
     
     合掌  南無阿弥陀佛  なむあみだぶつ

1-5.jpg





posted by 野球じーじぃ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする